忍者ブログ
レスはがんばりますが全レスではありませんのでご勘弁。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3/6

9:10 ログ見てふと思ったのですが、騒霊メドレーのラストって、 
9:10 組曲「ニコニコ動画」を意識してたりします?(ry 

あー、言われてみれば似たようなパターンですねぇwwwwww
意識はしてないですが、影響されたかといわれると可能性はあるかも。
もともとああいうの好きなんですけどね。
ひとしきり盛り上がった後で、一度落ち着いて最後に1フレーズだけあるの。


この日は拍手これだけだったんで、これだけじゃ寂しいので、
あの曲作った時のことをちょっと続きで書き並べてみましょうか?

垂れ流し文ですが、あの曲ができた経緯に興味がある人はどぞ。

まず、プリズムリバー三姉妹の演奏をイメージしたアレンジを、
というのは最初から決定事項でした。

で、早速音源の調達。どうやらいい無料ソフト音源があるようだ、
ということでその音源を物色。
なんかドラムの音が今ひとつ・・・(´・ω・`)
仕方がないので、打楽器を使わないアレンジをすることに決める。
まあ、プリズムリバー三姉妹の演奏ってことで、
打楽器が得意なキャラもいないし、いいよね、と。
(リリカが担当することが多いが、リリカの得意楽器は鍵盤楽器)

で、曲は最初は三姉妹テーマ曲の幽霊楽団をやろうと思ってたんですが、
ただ幽霊楽団やっても面白くなくね?ってことで、
何か今までにあんまりないような異質なアレンジができないか、と。

そこで気づいたこと。
東方って似たようなコード進行の曲多くね?
コードが同じじゃなくても、同じコードに乗せれそうな旋律多くね?
調べてみたらEXメドレーが同じことをやってましたが、
東方曲全体でやってる人はいないみたいだ、
ってことで、曲同士を重ねる東方メドレーの構想開始。

最初に、だいたいの構成を思案。
と言ってもコードとかでなく、東方での各曲の位置づけ的な意味で。

作りはじめでこれだけ決めてました。
最初はWindowsシリーズ共通タイトルテーマのどれかから。ただし妖以外で。
序盤は、主に1面~3面の曲と、Ex道中曲で構成。
中盤は、花や文などの、「このステージの曲!」っていうイメージがあんまりない曲で。
その後、風(当時は体験版のみ)の曲もちょろっとはさみつつ、
ステージ4~6、Exボスの曲へ。
そして最後はプリズムリバー三姉妹デビュー作の
妖をメインにおいて、アルティメットトゥルース(妖6道中)から
幽雅に咲かせ、墨染の桜(妖6Boss1)を経て、
ボーダーオブライフ(妖6Boss2)につなぎつつ、
一方で少女幻想(妖ExBoss)とネクロファンタジア(妖PhBoss)から
幽霊楽団(妖4Boss三姉妹テーマ曲)へとつなぎ、
最後に妖ED曲のさくらさくら(妖ED)のピアノソロで締めておわり、とすると、
ストーリーとか主旨的にもよさげだし、私の趣味にも合うんじゃね?と。

ようするに、この時点で最後部分の構想あったんですよねwwwww
私の中ではかなり大事な部分なんですあれ。

で、製作開始。
最初は、一通りタイトル曲を聴いてみた感じ、
永夜抄が11拍子ってこともあって一番特徴的かな、と思ったので、永夜抄を耳コピ。
「・・・いきなりコードがわからん。」ってことで、
苦戦しながらとりあえずそれっぽいコードを当てる。
確か7sus4の転回コードとか6とか使った気がしますが、あってるのかは謎。
まあ作るのは耳コピじゃなくアレンジなんだし、原曲と同じかどうかじゃなく、
私がこれがいいと思った和音使うことが大事だよね、ってことで。

次は順調な滑り出し。
タイトルで永、最後が妖だし、紅1面道中から使ってみるか、とほおずきをつなげてみる。
途中のターラーラで、なんとなくおてんば恋娘が浮かんだので、口ずさんでみる。
お、いいじゃんいいじゃん。ということで合成。
しかし、旋律同士はぶつからないが、コードがうまくあわない小節が。
6小節目7小節目はこのコードでよかったのか実は今でも若干疑問です。
(原曲と合っているか、ではなく、もっと両旋律になじむものはなかったのか?という意味で。)

この2曲が終わったところで、次に来る曲探し。
2曲がぴったり同時に3拍目で終わるので、最初だし4拍目に余韻を残して
弱起なしで始まる曲がいいよねってことで、妖3面道中のブクレシュティを選択。
これが微妙に選択ミス。
ブクレシュティのあのフレーズは3小節目7小節目と臨時記号がわりと入るので、
そこに2曲目を入れるとほとんどの旋律とぶつかるぶつかるwwwwwww
ってことで、苦労の末合う曲としてやっとみつけたのが、紅2面ルーネイトエルフ。
また紅かよ。

で、この次は自動的に確定。
というのは、私の一番好きな曲である懐かしき東方の血をどこかに入れたいことと、
主題前の2小節はルーネイトエルフから自然に繋がりそうなことは先に考えていたので、
ここでルーネイトエルフを使うということは、次に懐かしき東方の血をもってこなければ、と。
組み合わせる曲は即決・・・だったんですが、何人気づいてくれてるでしょうね。
片方がきもくないけーねが中ボスで出てくる道中、
もう片方がきもけーねが中ボスで出てくる道中の曲なんですよこれ。
けーね同士、曲がすんなりなじんで・・・

と、ここで問題発生。
どちらのフレーズも流しつつ終わってる感じなため、
うまいこと旋律を切ることができないから次にきれいに繋がらないという。
8小節目の頭を「ジャン」で終わらせればまだ繋ぎようもあるか?と思うも、
主旋律の1小節も前でキリよく音が切れて、弱起が3拍も4拍もある曲なんてあるわけがない。
・・・と思って、別の方法考えつついろいろ聴いてたら、意外にもそんな曲が。
風神少女がぴったり要求をみたしてました。
あらあっさり、ということで、風神少女を接続。
が、これが後でまた別の問題を引き起こしたり。

とりあえず、ここから文ラッシュかな、と、東の国の眠らない夜を重ねてみる。
おお、きれいにいきすぎじゃねこれ?
っていうか、もう1曲重ねてもいけるんじゃねこれ?
ということで、さらに天狗が見ているを重ねる。うん、これだ。

と思ったところで問題発生。
東方の曲は基本的に8小節ごとにかなりキリよくなってることが多いんですが、
風神少女は8小節では異様にキリが悪いんです。
つまり、次の8小節は風神少女16小節の後半が強制的に入っている状態。
そしてこれがブクレシュティ以上の曲者の旋律。
音拾ってみたら何この臨時記号だらけwwww
合う曲さすがにねーだろwwwwwww
と思ってとりあえず音数少ないレトロスペクティブ京都。
トランペットで入ってる音ですね。
長い音を最後まで伸ばすとモロにぶつかるんですが、
ある程度短く切ればぶつからないということで、苦し紛れながらの使用。

そしてまたも襲い来る「曲がうまく終われない症候群」。
今度はさすがに弱起2小節は懐かしき東方の血以外ないだろ、ということで、
前のフレーズが特徴的な切れ方をしている竹取飛翔を引っ張り出す。
気づけば、序盤中盤終盤と考えていたうち、もう終盤なのか、とか思いつつ、1つひらめく。

そういえば、ルナサがソロ好きだって設定これまでのどこにも入ってないなぁ。

ってことで、風神少女で盛り上がったのと落差をつけて、
竹取飛翔はルナサのソロに決定。
主題がちょっと音程を変えて2種類ありますが、次につなぐ意味で2種類目を使用。
次へのつなぎは、主題の後のピアノのこの16分が
だんだん肝となる音が半音ずつ上がっていく(最後は下がるけど)ところが、
なんとなく運命のダークサイドを想起させたので、つなげてみる。
お、意外とすんなり。
が、またしても問題発生。
この曲の73%は「問題発生→どうにかしてみた」でできています。

これまでは、旋律同士がぶつかるのを避けるため和音は省いて単音で入れてたんですが、
運命のダークサイドが単音だと意外としょぼい・・・。
仕方がないので、2曲続いて1曲(わかりにくいなww)なのをやむを得ずとして、
運命のダークサイドを和音で入れることに。
(ちなみに、バイオリンは単音楽器なので、)
(和音を演奏するためにはルナサは複数のバイオリンを同時に弾く必要があります。)
(その辺がルナサ譜面がやけに複雑なところに繋がっているんですが、)
(そこまで分かった人はいない気がするなぁwww)

そして、この後トラブル続き。
ダークサイドも16小節並べないとなんかすっきりしない曲なんですが、
後半に重ねて自然に口をつくある曲のメロディ。
「ターラーララーラーララーリーララーラーラ・・・って何の曲だっけこれ」
何の曲か思い出せないけど、間違いなく東方の曲だし、
ダークサイドによくあうからってことで、思い出せる範囲で旋律を入れておく。
入れて・・・あれ?

口ずさんでた曲、8小節じゃなく7小節で次のフレーズに入ってる\(^o^)/
しかも次のフレーズ3拍子かよ\(^o^)/
さらに続きの旋律の細かい音程が原曲聴かないとよくわからない\(^o^)/

悩むこと数時間。
結論「とりあえずそれっぽい旋律を入れて先に進もう」
ということで、原曲無しでの耳コピ開始。
最初はたしか8分音符6つがこうで、次の3拍は16分がこんな感じで、
次はまた8分が6つで、次は・・・あれ?ここ2拍子だ。
ってことはこれ11拍子、って、永夜抄11拍子だったから関連曲か!
ということで、原曲をようやく思い出す。
で、永夜の報いをようやくちゃんと耳コピ、先に進めました。
一瞬拍子が違う旋律になるところもうまくつなぐことに成功したので、
4拍子と3拍子(11拍子?)が同時に流れてることに気づいた人、
あんまりいないんじゃないかな?

そしてこのあたりで2分半になってたので、
アルティメットトゥルースから始まる流れスタート。
この時はまさかこの時あと2分も続くとは思ってませんでした。

ところで、アルティメットトゥルースと河童ってなんか主題の旋律の出だし似てね?
ってのを前々から思ってたので、アルティメットトゥルースのトランペットを
途中からこっそり河童に差し替えてみたり。
アルティメットトゥルースの合いの手のピアノだけ残ってるのに
あんまり違和感がないのが不思議wwwwww

次いで幽雅の旋律2種。
1種類目は彼岸帰航が合いそうだ。ということであわせてみる。
そしてここでミラクル。
彼岸帰航ってこの旋律の前3拍子だけど、このメドレーも直前は3拍子なわけで、
うまくあったりしないかな?と試したらぴったり。3拍子地帯が3曲合体になりました。

そして幽雅の旋律2種類目。
合う曲は・・・合う曲は・・・えーと・・・
そこへ通りがかるmaxさん。
「幽雅のここの旋律に合う曲ないっすか」
「東方妖々夢とか?」
ということであわせてみたら、おお、意外といいじゃん。
やっぱりmaxさんは何か音楽やってる人なんだな、と思いつつ、あと感謝しつつ次へ。

そしてここが最大の難所。
耳コピする人でなくても音楽経験者なら分かると思うんですが、
この旋律、音飛びすぎ、旋律速すぎ、臨時記号つきすぎというかもとの調どれ?
という、果てしなく音を拾いづらい旋律なんです。

1時間後。やっと2拍終了。

2時間後。やっと1小節終了。

5時間後。慣れてきたのかペースあがって4小節終了。
ここで壁発生。

5 小 節 目 か ら 和 音 に な っ て や が る !

何を隠そう私は和音の聞き取りは苦手です。
まして単音で4小節に5時間かかったこの旋律で。
ギブアップ!ということで、実はこの部分だけカンニングしてます。
ゲームからmidiを抜き出す→コピー
・・・ではアーティキュレーション(抑揚とかそういう類のもの)までコピーしてしまうので、
ゲームからmidiを抜き出す→楽譜化→その楽譜を見て打ち込む
で、この5小節目~8小節目だけ、ピアノ旋律の音階だけカンニングしましたwwwサーセンwwwww

あとは、
ボーダー+少女幻想+ネクロ → ボーダー+幽霊楽団 → さくらさくら
で終わりだなー、と思っていたところにまたも電波受信。

「そういえば、この進行よく聞く気がする。」
「実はこの曲と合う曲多い・・・?」

これが最後のカオスの始まり。
チェックしてみたところ、なんと、
紅妖永の全てのラスボス・EXボス(あとPhボス・LWテーマ)がこの曲に合うことが判明。
神主そこまで考えていたか!とか思いつつ、
いや、単にボス曲のイメージがしっかりしてる結果だろ、と自己否定しつつ、
急遽路線変更。

ボーダーオブライフを2周で32小節にして、
ボーダー+紅ラスボス+紅EXボス
ボーダー+妖EXボス+妖PHボス
ボーダー+永ラスボス+永EXボス+永LWテーマ
ボーダー+幽霊楽団
にしたらかっこよくね?と妄想。
妄想に終わるんですけどね。

まず、紅をあわせるのが思わぬとこへ飛び火。
セプテット。問題なくあわせられました。
オーエン。これも問題なく。
ところがここで、1つ気づいたこと。
この曲は7パート構成で、2パートは常に伴奏、つまり旋律担当は5パート。
ボーダーオブライフが2種類の旋律が重なるので2パート、
セプテットとオーエン入れてあと1パートあまるんですね。
さーて、何入れようかな、と考えたら、当然方向は1つですよね。
咲夜さんテーマ曲しかないでしょ!
ということで、月時計を・・・あわねー(´・ω・`)
特殊な進行するからなぁこれ。3拍子メインだし。
あ、でも咲夜さんのテーマはフラワリングナイトもあるか。
こっちなら・・・うわー、半音混ざってる・・・
このぶつかり方は回避できないよなぁ。
そういえば、前半でも風神少女で似たような形で苦戦したなぁ。

・・・あれ?似たような形?
実はこれと風神少女なら、合ったりするんじゃね?
・・・これいいんじゃね?

ということで、ここへきてまさかの序盤に飛び火で1曲追加。
フラワリングナイトは多分一番最後に使われることが確定した曲だと思います。
咲夜さんが合わなかったので、しょんぼりしつつ1パート空きで次へ。

妖パート。
少女幻想は、少女幻想でしか使われてないフレーズが
ひどい転調具合でまともに使えないため、ネクロと共通フレーズから。
これもネクロの半音が1つ入るのが曲者でしたがまあなんとか。
こっちは妖ラスボスEXボスPHボスと並ぶものはなさそうだということで、
やはり1パート空きで次へ。

そして永。
ここで重大なことに気づく。
竹取飛翔、もう使ってるじゃんorz
しかも単独曲だから下手に前半から抜けないじゃんorz
ということで、潔く永パート諦め。
東方妖怪小町を妖パートのあいた1パートにいれ、
若干ネクロとぶつかるので妖怪小町の音量を下げてぶつかりが気にならないように。
そして、月まで届けは、逆に紅パートをここへ持って来て、最初をボーダーのみにすることで解決。
ふう。
結果的には全パート使うことになったし、いいかーと思いつつ、
最後は幽霊楽団とあわせて、あとはもとの構想をそのまま打ち込んでなんなく終了、と。

あ、終了してないや。
最後のカオスでボーダーオブライフが食われ気味だったので、
和音を重ねて音を厚くすることに。
が、しかし、こんだけ曲を重ねてる状態で原曲どおりの和音を重ねると悲惨になるので、
このアレンジのほかの旋律との兼ね合いで原曲と全然違う和音になってますwwww

あと、左にルナサ、中央にリリカ、右にメルランってことを想定して、
パン(左右のボリューム比)を最後に振りました。
後から振って、「おお、こんなに聞き分けやすい!」とか思ったり。
ちなみに、私の3曲、全部3人の並び順が違います。

まあ、ここまで読んでもらえれば分かると思いますが、
この曲のタイトルはこんな感じで本当に
私が気まぐれに曲をつなげていったことからきてます。
気まぐれって言ってもいろいろ考えてはいたんですが、
どこまで伝わってたでしょうかねwwwww

そして、このまとまりのない上にやたら長い文最後まで読んだ物好きな方、お疲れ様でした。
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
最新コメント
[01/10 それは秘密]
[01/09 水原怜雅]
[01/09 それは秘密]
[01/09 tickle]
[01/08 それは秘密]
忍者ブログ [PR]